福岡市 不妊治療に実績のある鍼灸治療院

エザキ鍼灸院


男性不妊の原因

男性不妊の原因


男性不妊症の原因には大まかに「造精機能障害」「精子輸送障害」「性機能障害」の3つがあります。
ただし、精子はとてもデリケートなので、日によっても状態が違うため原因がはっきりとわからないことも多いようです。

造精機能障害

全体の8~9割と言われています。

造精機能障害の中の内訳です。60~70%は原因がわかっていません。
gurafu2.jpg
特発性造精機能障害
特発性造精機能障害と診断された患者さんに、「無精子症」「乏精子症」「精子無力症」などがみられます。原因が分からないので精子が見つからないときは直接精巣から精子を採取し顕微授精が行われたりします。

・無精子症
精子の通り道が詰まっている「閉塞性無精子症」と、精巣に異常がある「非閉塞性無精子症」があります。無精子症患者さんの2割が通り道が詰まっている「閉塞性無精子症」です。FSHは正常で精巣の大きさもほぼ正常なので、精子は作られています。原因は、鼠径ヘルニア手術時に精管を誤って切断していたり、生まれつきの精管欠損症などです。
精巣に異常があるために精子が作られていない「非閉塞性無精子症」は、FSHが正常より高くなっています。原因は、染色体異常の疾患、停留精巣、性腺機能低下症、おたふく風邪による精巣の障害などの他は原因不明とされています。

・乏精子症
精子が通常より少ない状態です。精索静脈瘤が原因の場合もあり、不妊男性の3~4割に精索静脈瘤がみつかります。

・精子無力症
精子の動きが悪くあまり活動していないため受精しにくい状態です。精管などに炎症を起こす精路感染症が原因のことが多いようです。

・重症精子無力症
精液中の精子がほとんど動いていない状態です。動いている精子がほとんどいない精子不動症と、精子がほとんど死んでいる精子不滅症とがあります。原因は解明されていませんが、糖尿病などの疾患や染色体、精索静脈瘤が原因の場合もあります。
精索静脈瘤

精巣のまわりにこぶ状に静脈瘤ができてしまう疾患です。その影響で精巣の温度を上げてしまい、精子形成に悪影響を及ぼします。

ホルモン異常
MHH(低ゴナドトロピン血性精巣機能低下症)というしょうじょうがあります。

「精子輸送障害」

精管が詰まっているために精子を運べない状態です。生まれつきの精管欠損や感染症で炎症を起こして詰まってしまったり鼠経ヘルニア手術時に傷つけてしっまていた等の原因があります。

「性機能障害」

・勃起障害
ストレスなど心理的なものや糖尿病・高血圧などが原因の事もあります。

・射精障害
心理的・身体的な問題が絡み合っていることが多いようです。全体の2割程度を占めています

 

エザキ鍼灸院のご案内

住      所:
〒814-0002
福岡県福岡市早良区西新4丁目3-20
フェリクス西新301
アクセス:
福岡市営地下鉄西新駅から徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
092-846-2878
受付時間:
10:00~21:00
定休日:
木曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ