福岡市 不妊治療に実績のある鍼灸治療院

エザキ鍼灸院


自律神経失調症

私たちの日々の健康は、「自律神経」「血液循環」「免疫力」が、一体になって働くことで維持され、それぞれがお互いに影響し合っています。

「自律神経」とは

体には、大まかに「中枢神経」と「末梢神経」のふたつがあります。
・「中枢神経」は、脳や脊髄の神経。
・「末梢神経」は、そこから枝分かれして、各器官につながっている神経。
・「末梢神経」はさらに知覚神経、運動神経、自律神経。
に分かれています。
覚神経と運動神経は、脳からの司令で自分の意思で動かす事が出来ますが、自律神経は、体の生理現象に関わる神経なので、脳からの司令がなくても必要に応じて動ける神経です。

「自律神経」は、体温、血圧、脈拍、呼吸、血流などをコントロールします。「睡眠のリズム」「排泄のリズム」など体のリズムは自律神経が関わっていま す。
また、細胞の働きも調整しています。自律神経は全身に張り巡らされ、臓器や 組織の働きにも深く関わっています。心の状態や感情に体がすぐに反応するのも自律神経の働きによるものです。

交感神経と副交感神経

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があります。
「交感神経」が働くときは、活動的なときや興奮したときで、細胞や臓器が興奮し、緊張しています。そのようなときは、体温が下がる、血圧が上がる、呼吸は浅くなる、心拍が早くなる、血流も悪くなり消化が抑制されます。
「副交感神経」が働くときは、リラックスしたときや、体を休めるときで、細胞や臓器もリラックスしています。そのようなときは、体温が上がる、血圧が下が る、呼吸は深くなる、心拍は緩やかになる、血流、消化は促進します。

健康維持のためには、それぞれがバランスよく働くことが大切です。「交感神経」が緊張したままだと、化膿性の炎症、組織破壊などをもたらし、「副交感神経」が過剰に反応すると、無気力、倦怠感、アレルギー疾患、などをひきおこします。


免疫力

免疫は、身体に害を及ぼすものを攻撃するシステムで、免疫力は、病気から守るために存在する大切な防御システムです。
病原菌、有害物質に反応する免疫、ウイルスや体内の異物(ガンや移植臓器など)に反応する免疫などがあります。白血球中の主な免疫成分に「顆粒球」と「リンパ球」 があります。                                   
 
 

自律神経と免疫力

白血球内の免疫細胞の「顆粒球」と「リンパ球」の働きは自律神経がコントロ ールしています。免疫力の強弱も決めています。

交感神経は顆粒球が活性化し、リンパ球が減少します。交感神経が優位になると、免疫力が低下します。交感神経の緊張状態が続き、リンパ球が減り顆粒球が増えすぎると、粘膜傷つけられて、ガン細胞はどんどん増殖してしまいます。 

副交感神経が優位になると、リンパ球が増え、免疫力が強化されます。しかし、副交感神経が過剰反応すると、倦怠感や無気力感、アレルギーやアトピー、リウマチ、膠原病などの発病のきっかけになります。
 

心とからだの健康を保つ


夏は、副交感神経が優位になり、冬は、交感神経が優位になっています。春と秋は入れ替わる途中なので、自律神経の働きは不安定になります。だから、季節の変わり目は、調子が悪く感じやすいのです。ストレスとも関係します。ストレスが強いほど、交感神経が過剰に優位にな り、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

また、「顆粒球」と「リンパ球」の比率を最適な状態に調整することが大切です。当院では、ストレスなどでできた滞りをほぐし、血流をよくすることで、自律神経のバランスを整え「顆粒球」と「リンパ球」の比率も最適になり、また、維持出来るように治療しています。

鍼灸は自律神経に作用しバランスをとります。そして、自律神経の乱れを正し免疫成分の比率を本来あるべき状態に戻すことで、多くの病気が治癒に向かうとされています。自律神経のバランスをとり、コントロールすることは、とても大切です。(エザキ鍼灸院では、安保徹先生が発見された、「自律神経と免疫力の相関関係」も視野に治療しています。)
hikari.jpg
 

エザキ鍼灸院のご案内

住      所:
〒814-0002
福岡県福岡市早良区西新4丁目3-20
フェリクス西新301
アクセス:
福岡市営地下鉄西新駅から徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
092-846-2878
受付時間:
10:00~21:00
定休日:
木曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ